MENU

自動編成機能を搭載した「組織メンテおまかせボット」を開発

エレクトロニクス商社の菱洋エレクトロ株式会社(以下、菱洋エレクトロ)は、トークルーム設定やアカウントを一元管理出来る「組織メンテおまかせボット」を開発し、2021年12月10日に提供を開始する事を発表しました。

株式会社L is Bが提供しているビジネスチャット「direct」と連携する事により、管理者業務の負担を減らす手助けをしてくれます。

「組織メンテおまかせボット」とは

「direct」のトークルームを一元管理するボットであり、エクセルデータを使い、組織の組み替えや、新たなチーム結成時に必要となるトークルームの作成など、チャット内のメンテナンスを可能にします。

また、必要の無いトークルームや、無断での参加・退出、参加するユーザーのアカウントの漏れを防ぐ事が可能となり、トラブルを回避出来ます。

自動編成機能、特許取得

菱洋エレクトロが開発した自動編成機能は、特許(登録番号:特許第6637215号)を取得しています。

無断で退出したユーザーを自動で招待する機能や、トークルームを運用している間は常時自動でメンテナンスするなど、管理者の負担を大幅に削減する事が可能になります。

現在、ビジネスチャットを使った円滑なコミュニケーションの需要が高まっています。「組織メンテおまかせボット」により、現場職員や管理者の負担が削減されていく事が期待されます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

菱洋エレクトロ株式会社のプレスリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる