MENU

次世代3D‐プロジェクションピッキングシステム

センサ認識技術でポカミス防止

株式会社アイオイ・システムは、映像投影によるプロジェクションマッピング技術と3Dセンサ技術を応用して開発した「3D‐プロジェクションピッキングシステム(PPS)」を発表します。2022年3月より発売しリリース開始は7月の予定です。

3D-PPSにより2Dでは対応できない新しい分野へ展開ができ、製造業・物流業におけるピッキング・仕分け作業の活用シーンが広がります。センサ認識技術でポカミス防止を行う事で新たなピッキング支援システムとして今後市場の拡大が期待できます。

特徴

従来の製品は多数のセンサやカメラ設置の必要がありましたが、3D-PPSは上部1カ所に設置するだけのシンプルな構造です。深度を測定できるので対象物との距離の計測が自動で行われ、設定が簡単にできるうえその後のメンテナンスも楽です。

3Dによる処理で高精度に解析できるため、細かな設定が可能。設置場所もフレキシブルに対応できます。またポカヨケ対策で複雑なシステムを組んでいたり、ランダムに保管されていたりする現場でも従来のマテハン設備との組み合わせが容易です。

なおアイオイ・システムは、2022年1月19日(水)~21日(金)に日本最大級の規模で開催される物流・製造業向け展示会「第1回スマート物流EXPO」にて3D-PPSを展示します。同社ブース(東京ビッグサイト 東7.8ホール NO.52-23)にて体験できます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社 アイオイ・システムのプレスリリース(PRTIMS)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000058606.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる