MENU

EX-TREND武蔵による建設現場のリモート化

建設業向けCADメーカーである福井コンピュータ株式会社は土木管理システムの最新版「EX-TREND武蔵Ver.22」を2022年2月24日よりリリース予定です。

建設現場におけるリモート化の必要性

昨今の建設業界ではデジタル化の推進による生産性向上を図る取り組みが行われており、国土交通省もインフラのDX化を掲げています。更に建設現場は高所での作業や重機の使用など多くの危険が伴うため安全、安心な労働環境の実現が求められています。

これらの状況を踏まえ建設業界では「現地・実地」主義から「非接触・リモート」による働き方への転換が望ましいと考えられるようになりました。このような働き方を促進するのがEX-TREND武蔵です。

EX-TREND武蔵とは?

EX-TREND武蔵を使うとできることの例として、現場の写真の管理等を行う施工管理プログラムを複数人が各々の端末から操作できることが挙げられます。当プログラムでは自分が担当の写真のみを扱えるようにする制御等が可能であり、お互いの作業の干渉や重複を防ぐことも可能です。

また情報連携も格段に行いやすくなっており、現場計測アプリといった実際の現場で使用するアプリとCADデータのような室内で使用するシステムのデータ連携が可能です。これにより事務所と現場を何度も往復してデータを確認するといった行為も無くすことが可能になります。

このようにEX-TRENDを使うことでリモート作業を可能にし、データの連携をよりスムーズにすることができます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

福井コンピュータ株式会社のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp

福井コンピュータ株式会社のプレスリリース
https://const.fukuicompu.co.jp

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる