MENU

製造業・物流業向け動線計測サービスが提供開始されます

独自開発のUltra Wide Band計測

1月27日よりパーソルプロセス&テクノロジー株式会社(以下、パーソルP&T)は、作業現場での人や重機・運搬器具などの動きをデジタルデータ化し、位置情報や動線を可視化することにより、製造業や物流業の作業効率の向上につなげる、「製造業・物流業向け動線計測サービス」の提供を開始しました。

現在では、人やモノの動きを可視化し、動線分析する技術は小売業のほか、製造業や物流業においても既に活用が進んでいます。

しかし従来の動線をデータ取得する際に用いられる「カメラ」や「ビーコン」では、位置情報の精度が悪く多くのデバイスを設置する必要が有り、そのために設置コストが高くなり、また工期が長期化することがネックで、導入障壁が高いという課題がありました。

そこでパーソルP&Tは、独自のUWB(Ultra Wide Band)測距デバイス「PPT-TN01」を開発し、2020年4月より小売業向けに提供していました。

「Ultra Wide Band」とは超広帯域無線の通信規格です。数百MHzから数GHzの周波数帯域を使用し超高速伝送や高精度な測距、高水準のセキュリティ機能が特徴です。

小売業だけでなく、製造業・物流業からのニーズも大きいことから今回パーソルP&Tは、「製造業・物流業向け動線計測サービス」の提供を新たに開始します。

作業現場で人や物の動線を位置情報としてデータを取得、エリア別の行動や、移動の時間を可視化することで、作業効率を高めます。

「PPT-TN01」の特長

「PPT-TN01」はUWBを使用しており、少ない設置台数で精度の高い動線計測が可能です。

また計測範囲が3~5mまでのビーコンと比べ、UWBは30mまでの短距離での計測ができます。少ない設置台数でも高い精度の計測が可能です。

単一的な測定であれば、電源工事や配線も必要がないため、常設の設置のほか、スポットでの短期的な導入もスピーディーに、低コストで実現できます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社のプレスリリース(PRTIMS)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000265.000014515.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる