MENU

花王が豊橋工場を生産・物流機能一体型拠点に変革

持続可能なサプライチェーンの実現へ

花王株式会社は2022年3月3日、豊橋工場を生産・物流機能一体型サプライチェーン拠点へと変革するべく、2022年2月に着工した「豊橋コネクテッド・フレキシブル・ファクトリー」について明らかにしました。

豊橋工場ではスキンケア・ヘアケア製品を中心に多品種を生産しており、今回の変革は、柔軟で効率的な生産体制と新たな物流モデルの構築を目指すものです。

ロボットやAIなどを導入し工場の自動化・省人化することで、ロジスティクスの効率化と作業環境の改善を図り、環境負荷低減による持続可能なサプライチェーンを実現します。

人と環境にやさしい物流サービスへ

建築面積約7,150平方メートルの新工場は、ケース仕分けロボット、無人搬送車(AGV)、無人フォークリフトなど、先端技術を利用した自動化設備を導入。

自動倉庫の保管能力は120万梱、自動化設備による入出荷能力は各4万梱/日を計画する新倉庫として生まれ変わります。

また、太陽光発電を活用した再生可能エネルギー化や、独自技術による廃PETを原料としたアスファルト改質剤「ニュートラック 5000」を使用し、環境性能にも優れた施設です。

工場内のトラック搬送については、経済産業省資源エネルギー庁公募による自動運転フォークリフト実証事業と連携。

トータルサプライチェーンの効率化と、人と環境にやさしい物流サービスを実現に向け、2023年上期の竣工・稼働開始を予定しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

花王株式会社のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000134.000070897.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる