MENU

現場仕事できついこと2位は意外にも人間関係。1位は?

圧倒的多数が「身体がしんどい」と回答

株式会社ビズヒッツが現場仕事の経験者407人を対象に「現場仕事できついことに関する意識調査」を実施し、結果を明らかにしました。

同調査は2022年1月30日~2月17日の期間、「現場仕事できついこと」についてインターネットにて任意回答を得たものです。

「鳶」「解体」「電気工事」「土木作業員」といった現場仕事経験者の声がランキング化されています。

結果、「現場仕事できつイこと」について質問では「身体がしんどい(305人)」が最多で、2位「人間関係が難しい(66人)」、3位「衛生環境が悪い(47人)」、4位「労働時間が長い・不規則(38人)」と続きました。

体力以外のメリットも

また、「現場仕事をしてよかったこと」に関する質問の回答1位は「体力がつき健康的になった(120人)」。

以降は2位「達成感・充実感がある(103人)」、3位「スキル・知識が身についた(58人)」、4位「稼げる(51人)」、5位「精神力がついた(49人)」、6位「人間関係がよかった(39人)」、7位「外で働くのが気持ちいい(16人)」と続き、身体を動かすことに関するメリット以外にも「スキル・知識」「収入」の面で得るものも大きいことがわかります。

学歴や経験が問われないケースも多い現場仕事ですが、体力的にも精神的にもハードな一面があります。

現場改善の視点からも、働く人が日常的にどのような部分を「きつい」と感じているか知ることのできる調査内容です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社ビズヒッツのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000145.000041309.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる