MENU

八芳園、伴走型DX推進支援サポート『SOLVE EIGHT』を始動

あらゆる課題を解決へ

2022年3月9日、株式会社八芳園(以下、八芳園)は、伴走型DX推進支援サポート「SOLVE EIGHT」を始動したことを発表。

DX化にいち早く取り組んできたノウハウと、八芳園が強みとするプロデュース力によって、企業のDX化の課題を最適なソリューションへ導きます。

「SOLVE EIGHT」は、DX化を推進していきたいものの、数ある業務支援ツールから自社に最適な業務支援ツールの選択が出来ない企業や、DXそのものがわからない企業等を、伴走型でサポートするサービスです。

書面における課題、データにおける課題、システムにおける課題などに対してDX推進における経験則からの視点を持ち、将来発生しうる課題へのアドバイスまで行います。

八芳園とサイボウズ、パートナー制度を締結

「SOLVE EIGHT」の発表に先立ち、2022年3月1日、八芳園とサイボウズがパートナー制度を締結しました。

「SOLVE EIGHT」は、サイボウズが提供する「kintone」をベースとしています。システム構築、また既存システムとの連携をサポートするサービスです。

そして「kintone」以外のクラウドサービスもサポートしていきます。顧客の業務内容に合ったクラウドサービスを紹介することで、より顧客のDX化への道しるべとなるようです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社八芳園のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000240.000019559.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる