MENU

建設現場向けアプリと現場チャットが、サービス連携開始

「作業位置」と「作業指示」の連携により業務効率化

2022年3月22日、株式会社LisB(以下、LisB)と株式会社竹中工務店(以下、竹中工務店)は、竹中工務店が開発した建設現場向けアプリ「位置プラス」とLisBが開発したビジネスチャット「direct」を連携するサービスを共同開発したと発表しました。

新サービスの特徴

従来建設現場では、元請けと業者間の間での指示のやりとりにおいてチャットアプリが使用されていました。こうしたチャットアプリでは屋内の現場でGPSの位置情報が使用できず、代替手段として写真等の資料を用いた位置情報の指示が行われてきました。

今回新たに始まったサービスは、「位置プラス」シリーズの「位置認識プラットフォーム」で取得した位置情報を、チャットアプリ「direct」に通知することで、指示写真と図面情報との統合手順を削減できます。

その他にも、「direct」で写真投稿を行うと写真を業務指示書に変換する機能を有しており、業務指示に実施場所を添付したい時に便利です。

また特定の文字列(#位置、#いち、#イチ、#1)を投稿すると簡易MAPが返信されるとともに、投稿者の氏名・投稿日時・棟名・フロア名もコメントとして返信されます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社LisBのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000137.000022208.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる