MENU

NECとウイングアーク1stが、事業連携を強化

データの利活用により、業務改善の効率化を促進

2022年3月22日、日本電気株式会社(以下、NEC)とウイングアーク1st株式会社(以下、ウイングアーク1st)は、事業連携を強化したことを公表しました。

今回の事業連携強化により、NECが提供する現場改善コンサルティングサービス「NEC ものづくりDX改善アプローチ」を通じて、NECとウイングアーク1st両社のノウハウを活用することが期待できます。

連携強化の内容

ユーザーの現場データを「NEC Industrial IoT Platform」で取得して分析し、このデータにウイングアーク1stが提供する「MotionBoard」を連携することにより、製造業に特化したデータの表現が可能となりました。

製造現場の設備や人のデータを可視化することにより、そのデータを元にしたスピーディーな改善案を生み出すことが期待できます。

NECとウイングアーク1stはユーザーの「製造形態、生産特性に応じて、従来の改善手法とデジタルデータ活用を融合させ、お客様のデータドリブン改善の取り組みに貢献していく」としています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日本電気株式会社のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000088.000078149.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる