MENU

モノタロウ、間接資材調達の課題解決イベントを開催

企業の改革を推進するリーダー向け、1DAYオンラインイベント

2022年3月24日、株式会社MonotaRO(以下、モノタロウ)は、初の大企業向けオンラインカンファレンスイベント「MonotaRO Day for Enterprise」を2022年4月21日木曜日14:00から16:30に開催する事を発表しました。

間接資材を調達購買する際の課題について、その解決へ向けて取り組みたい企業のためのイベントです。

イベント開催の背景

モノタロウでは顧客に対する調査の結果、規模の大きな企業の資材調達における課題として、テンプレート化したようなサービスでの対応が困難という点があるとみており、その背景にはワークフローの煩雑さをはじめとするいくつかの要因があるとしています。

また、近年のDX化推進の風潮に伴い各社で積極的な取り組みが進む中、間接資材の購買については改善が難しく、加えて紙による申請・経費処理といった課題も残されているとのこと。

一方でモノタロウによれば、それらの課題解決に役立つとみられる大企業向け調達・購買ECソリューションはまだ認知度が低く、企業間に浸透していない現状があるといいます。

そこで今回のイベントでは、1,800社の企業から利用されているモノタロウの「間接資材(MRO)集中購買サービス」をまだ認知していない企業へ向けて、利用者の声を届けます。

さらに、購買プラットフォーム提供企業や、実際に改革に成功した企業担当者の実例をもとに、間接資材調達に悩む企業に課題解決のヒントを提供するとしています。

カンファレンスのポイント

今回のイベントでは、特別対談やパネルディスカッションの開催が予定されています。

特別対談は「経営課題を解決する調達購買改革プロジェクトとは(仮)」というテーマで、SAPジャパン株式会社 インテリジェントスペンド&ビジネスネットワーク事業本部 営業部部長 牧野仁氏と、モノタロウエンタープライズ部門長 柴垣香平氏が登壇します。

また、パネルディスカッションは「大企業における間接材購買改革の今までとこれから」がテーマとなっており、宇部興産株式会社 購買部第一グループ 主席部員 藤本秀夫氏、株式会社ヤンマービジネスサービス 総務サービス部GAセンター ビジネスサポートG 専任課長 末廣学氏をパネラーに招いて行われます。

ご紹介する内容
・調達・購買領域のDX化のトレンド
・大企業の業務効率化を短期間で確実に進める方法
・間接材の購買管理で解決できる経営課題の具体的な内容
・導入企業ご担当者によるリアルな購買改革実行ストーリー
・全社を巻き込んだ購買改革のコツと得られるメリット

イベント詳細
日時:2022年4月21日(木)14:00-16:30
会場:ZOOMでのライブ配信で開催いたします
参加条件:無料・事前申込制
定員:500名

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社MonotaROのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000320.000000537.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる