MENU

4月1日の夢、人とロボットがともに働く環境を創る

4月1日は夢を発信する日「April Dream」

4月1日の「April Dream」は、PRTIMESが実施する、人や企業が叶えたい夢を発信するプロジェクトです。

建設産業の健全な進化・発展に貢献する建ロボテック株式会社(以下、建ロボテック)は、2022年4月1日、同社の夢を公表しました。

建ロボテックが公表した夢の内容は、ロボットソリューションサービスを数多く提供し、人とロボットがともに働く環境を創出することで、働く人のダイバーシティ化を推進し、「世界一ひとにやさしい現場」を実現することです。

同社は人手不足に悩む建設業界にロボットソリューションサービスを提供していくことで、「報酬」「拘束時間」「労働環境」の改善といった、三方良しの建設革命が実現すると考えています。

建ロボテック、現在のソリューション

建ロボテックが現在提供しているソリューションは、協働型ロボット「トモロボシリーズ」をはじめとした、省力化・省人化ソリューションです。

同サービスの提供を通じて建設現場の環境改善はもちろん、働き方改革へ適応した作業者の意欲向上、負担軽減といった「より高度な場で職人力を発揮できる環境づくり」に貢献します。

また、今後も一過性の流行ではなく、真の建設革命を成功させるための基盤整備にも取り組むとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

建ロボテック株式会社のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000065073.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる