MENU

デジタルで生産性向上「即日始動!工場DXパッケージ」

一連の改善プロセスの業務をDX化

東京エレクトロン デバイス株式会社 (以下、TED)は、製造業の現場改善を支援する「即日始動!工場DXパッケージ」を4月6日より提供開始しました。

同パッケージは設備の稼働状況を「工場のデジタル化ツール CX-D」を用いてデジタル化します。そのうえで連携ツールである、「現場業務の改善ツール CX-M」によりデジタルデータ化したロス要因を分析、改善対策を現場に反映することで、工場のDX化を実現します。

「即日始動!工場DXパッケージ」導入のメリット

「即日始動!工場DXパッケージ」は工場内で全て完結し現場主導のDXを実現するとともに、自社運用でDXを推進してノウハウを蓄積可能であること、そして開発不要で素早く始動し、導入コストを最小化できるという3つの利点があります。

「工場のデジタル化ツールCX-D」の「クイックAI異常検知機能」により、いつもと違う挙動と現場課題をデジタルデータでつなげる事で、真の課題を抽出。

ITやデータ分析の専門知識、プログラミング開発は不要で、画面から設定するだけですぐに工場をデジタル化できます。

また「現場業務の改善ツールCX-M」が異常検知、要因調査、状態診断の分析作業を行い、設備の予知保全、製造工程の異常検知、品質不良の要因をデジタルデータから調査、生産ラインの良否判断に用いる情報を可視化。

従来の分析作業やプログラム開発作業を自動化して、現場業務の改善を効率化します。

TEDは今後、オンライン会議形式で要望のヒアリングと工場DXパッケージのデモンストレーションの機会を提供し、現場改善のサポートを進めていくとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東京エレクトロン デバイス株式会社のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000202.000010609.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる