MENU

リコー、360度カメラのプラットフォーム事業強化

デジタルサービスの拡大に向けて

2022年3月30日、株式会社リコーは、360度カメラ「RICOH THETA」と、ソフトウェア、クラウドサービスを組み合わせた「RICOH360」プラットフォーム事業を強化すると発表しました。

リコーは2013年から世界初の全天球カメラとして、「RICOH THETA」を発売し、関連クラウドサービス「RICOH360 Tours/Projects」を提供しています。

今回のプラットフォーム事業の強化を通じては、エッジデバイスとクラウドサービスの一括販売、さまざまな業種ごとのプラグインの提供強化、新規デバイスの開発が行われます。

また、これらを遂行するため、外部パートナーとのアライアンスも強化します。

そして、新しいエッジデバイスとして360度カメラ「RICOH THETA X」を5月中旬、国内市場向けに発売します。

「RICOH THETA X」の特長

「RICOH THETA X」の特長として、2.25型の大型タッチパネルモニターを搭載し、スマートフォンを介さず単体で操作できる点が挙げられます。

約4,800万画素相当の新規センサーを搭載し、出力画素で最大約6,000万画素に相当する高精細な360度の静止画撮影が可能です。

高精細な画質を実現する11Kと、気軽に効率よく撮影できる5.5Kの二種類の画像サイズを選択できます。

また、手ぶれ補正の強化により、5.7Kサイズに相当する5760×2880ピクセルで30fps、360度動画の撮影が可能です。

またバッテリー・メモリーカードやBluetoothにも対応し、使い勝手が良くなりました。そして、プラグインによる拡張機能はサードパーティにも対応できます。プラグインのインストールで、各種クラウドサービスとシームレスに連携できます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社リコーのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000079.000043114.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる