MENU

人やモノの所在確認が簡単に!小型軽量な「DXタグ」

アクティブRFIDタグをよりコンパクトに、汎用性アップ

ユーピーアール株式会社(以下、ユーピーアール)は4月14日、物流機器などの在庫・入出庫管理システムを構成するアイテムとして提供してきた、アクティブRFIDタグについて、小型軽量化などを図った「DXタグ」を開発、実証実験を開始したことを発表しました。今秋にも、製品として正式リリースする方針です。

「DXタグ」は、よりさまざまなシーンで活用できるよう、従来のアクティブRFIDタグを、82mm×35mm×18mm、約55gというごくコンパクトなサイズに再設計し、機能の追加も行った新規アイテムです。

固定資産管理から人や畜産動物の所在状況確認などまで、見守りたい対象を、実際の目視不要で遠隔から管理可能とできる点がポイントで、幅広いニーズに対応する自動化・DX化への貢献が期待されています。

「スマートパレット」に寄せられた顧客の声をかたちに

ユーピーアールでは、物流用パレットのレンタル事業を手がける中で、パレットの在庫・入出庫管理をスマートに、リアルタイムで可能とする「スマートパレット」システムを提供しています。

「スマートパレット」は、長寿命仕様で電波を最大300メートルも飛ばすことができるアクティブRFIDタグと、それを正確にキャッチする高性能の専用リーダー(受信機)との組み合わせからなるもので、簡単に在庫管理や入出庫管理のIoT化を図れるシステムとして好評を得ており、このアクティブRFIDタグは、現在、約40万個が流通するまでになっています。

物流現場での有用性が高い「スマートパレット」ですが、顧客ユーザーから、アクティブRFIDタグについて、より小型で装備が簡易なものが欲しい、より多用途で活用したいといった要望が寄せられていたといい、この声を受けて「DXタグ」の開発が進められました。

その結果、現行のアクティブRFIDタグに比べ、より使いやすい小型軽量化と装着工程の簡易化を実現、さらに用途に合わせて電波の発信頻度を調整できる機能を追加し、汎用性を高めた「DXタグ」を生み出すことに成功しました。

「DXタグ」は、Wi-FiやBluetoothとの干渉を防ぐ920MHzを周波数帯として用い、現行タグと同じ最大300メートルの長距離通信を可能としています。また、充電・取り替え不要の電池を内蔵、低消費電力化を図っているため、そのままの状態で最長10年使用できます。

利用可能温度帯は-25度から60度、温度センサによる施設温度管理や機器異常の予兆をチェックすることも可能です。さらに加速度センサによる振動感知機能を搭載、対象物の状況確認、不稼働資産の最適化なども容易に行えるものとなりました。IPX7の防水対応で、幅広いシーンに安心して適用できます。

ジャンルを超えた労働環境の改善・業務効率化へ

ユーピーアールでは、この「DXタグ」の具体的活用シーンとして、次のようなケースを挙げています。

まず、オフィスや工場における資産管理強化です。多くの現場では、さまざまな機械や器具・備品、建物の付属設備などの棚卸にかかる工数の膨大さや不十分な管理による固定資産の紛失が課題となっています。固定資産税を支払いながら、未利用・低利用状態が続いている資産の存在も、問題として指摘されるケースは少なくありません。

こうしたケースに「DXタグ」を導入すれば、目視やバーコードスキャンなどの手作業による棚卸工程が不要になるほか、振動感知機能で物品使用状況をリアルタイムに把握、システムひとつで最適な資産形成と簡便な管理強化、経費節減を図ることができます。

第2に、児童らの見守り・在校状況チェックです。「DXタグ」であれば、機器や物品だけでなく、人物の出入りも容易に可視化できます。昨今はICカードでの登下校管理も増えていますが、専用機器へのカードタッチが必要であること、またタッチ後の所在確認は行えず、実際の在校状況を細かく確認することは難しいという点が課題として挙げられます。

「DXタグ」であれば、本体を児童のランドセルや鞄に入れてもらい、専用リーダーを校門など所定の場所に設置すれば、本人によるタッチ不要で在校状況が可視化できます。読み取り結果の通知機能も搭載されているため、登下校時に保護者への通知発信を自動で実行することも可能です。

このほか、スーパーや空港のカート管理、畜産動物の所在管理など、工夫次第で多様な現場に適用できると考えられています。

ユーピーアールでは、今後も「DXタグ」の提供などを通じ、幅広い業務の効率化を支援、持続可能な労働環境の実現に貢献していきたいとしました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ユーピーアール株式会社によるプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000043.000033045.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる