MENU

量子コンピューティング技術を使った物流倉庫内作業の効率化

量子コンピューティング技術を使った実証実験

株式会社シグマアイと株式会社高速は、量子コンピューティング技術を使った物流倉庫内作業の効率化に向けた実証実験を2022年4月より共同で開始しました。

量子力学を用いた計算手法の一種で、組み合わせ最適化問題を解くことを主な目的として開発された量子アニーリングを用い、高速が持つ物流倉庫内の作業の効率化に最適な商品配置の実現を目指しています。

組み合わせ最適化問題に適する量子アニーリング

多種多様かつ大量の商品の入出庫が日々行われる物流倉庫では、商品の大きさや重さと保管場所のスペース、倉庫内の設備位置、入出庫の頻度や同時に発生する作業の動線など、複雑な状況の中で効率的な商品配置が求められます。

この課題に対し、東北大学発のスタートアップ・株式会社シグマアイの量子アニーリングマシン活用技術を使うことで、株式会社高速の物流倉庫内での最適な商品配置を実現する実証実験をスタートしました。

量子アニーリングとは、量子効果(重ね合わせの原理など)を利用した最適化手法で、組み合わせ最適化問題に適しているといわれています。

この実証実験により業務負荷の軽減、作業者の移動距離の短縮、作業精度の向上、作業時間の縮減などの実現を通し、迅速な作業連携や協力体制の構築、オペレーションの効率化を目指すとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社シグマアイのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000051822.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる