MENU

イクシスが道路とガードレール支柱のAI解析サービスをリリース

イクシスが道路AI解析サービスをリリース

株式会社イクシス(以下、イクシス)は、道路面のひび割れおよびガードレール支柱の錆のAI解析サービスを2022年4月1日付でリリースしたと発表しました。

このサービスは市販のドライブレコーダーで撮影した走行動画をAIで解析することにより、道路点検の生産性・安全性を向上させるものです。

道路ひび割れ解析とガードレール支柱の錆を解析

一般道路において道路面のひび割れやガードレール支柱の錆は定期的な点検が欠かせないものですが、基本的に点検員による近接目視によって行われてきました。

イクシスがリリースした道路AI解析サービスは、市販のドライブレコーダーで撮影された動画をイクシスが強みを持つインフラ向けAIで解析することにより、道路舗装面のひび割れの1次スクリーニングを行えるものです。

ガードレール支柱の錆の状態確認も、一般車両に搭載した市販のビデオレコーダーによって進行方向に対して側方を撮影し、AI解析によってガードレール支柱の錆を検出します。

どちらも専用の高価な機材を搭載した車両を必要とせず、日常的に走行する車両にレコーダーを搭載すれば撮影に活用できるため、生産性・安全性を向上させた道路点検が実現できるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社イクシスのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000044685.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる