MENU

ドローン測量で現場画像を3次元化「DatuBIM」提供開始

クラウド上でスムーズに情報共有ができる

株式会社日立ソリューションズは、イスラエルに本社を置くダチュメイト社と国内初の販売代理店契約を締結し、5月18日からクラウドサービス「DatuBIM」の販売を開始しました。

「DatuBIM」はドローンで撮影した現場画像を自動で3次元化し、クラウド上で管理・共有することができるサービスです。

これを活用することで、進捗・土量管理の効率化、作業員の負担軽減につながることが期待されます。

Webブラウザー上で実行可能

「DatuBIM」は、専門知識がない場合でも、直感的に操作できることが特徴です。ドローンで撮影した画像の3次元化は、ブラウザーからクラウドにアップロードすることで完了します。

取得したデータは、距離・体積・断面などを計測してPFDとして出力可能。専用ソフト・知識が不要で、全ての工程をWebブラウザー上で実行できるため現場への導入もスムーズです。

ドローンを活用した測量は、従来手法と比べて大幅な日数短縮とコスト削減につながります。

測量に必要な人員も抑えられ、遠隔で現場状況が把握できることから、各所とリアルタイムで情報共有・分析が可能です。

現場に足を運ぶことなく正確なデータが取得できるため、作業員の安全確保にも貢献します。

CADデータの取り込みにも対応しており、体積や断面を設計データと比較できます。作成した3次元データは時系列で管理されるため、過去との状況比較も簡単です。

「DatuBIM」の標準的な機能が使えるライセンスは649,000~円/年から利用可能です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

外部リンク
株式会社日立ソリューションズのプレスリリース
https://www.hitachi-solutions.co.jp/datubim/

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる