MENU

自律飛行型ドローンとAI技術を使った工事進捗管理ソリューションの開発に向け、協業検討開始

遠隔地からトンネル工事現場の状況を把握

株式会社EARTHBRAIN(以下、EARTHBRAIN)とクオリカ株式会社(以下、クオリカ)は、2023年春の商用化を目指し、自律飛行型ドローンとAIを活用した工事進捗管理ソリューションの開発検討に入ったことを5月20日に発表しました。

AI技術や自律飛行ドローンに定評のあるクオリカと、建設業界向けのランドログプラットフォームを提供するEARTHBRAINが協力することで、トンネル工事や屋内型建設現場の進捗状況が遠隔地から把握できるようになります。

今回のソリューション開発には、EARTHBRAINとクオリカに加え、クオリカのパートナー企業である株式会社Spiral(以下、Spiral)の参加も発表されています。

非GPS環境下でドローンの自律飛行が可能なSpiralの技術は、屋内向けの建設・土木ソリューション開発に新たな可能性をもたらします。

画像撮影から分析、書類作成までを一括サポート

クオリカでは2021年夏ごろから、ドローンを使用してトンネル工事現場の進捗状況を撮影する実証実験がスタートしています。

これに追従するように、2022年度中にはランドログプラットフォームを活用した実証実験も開始される予定です。

従来では、管理者が工事現場に赴いて写真撮影することがほとんどでした。しかし、工事進捗管理ソリューションを活用することで、煩わしい写真撮影をドローンが一括して担当します。

流れとしては、自律飛行型ドローンがトンネル内の作業場所を自動で検知・解析し、現場写真を撮影します。

その後、撮影したデータをAI機能と連携したランドログプラットフォームにアップロードすることで、離れた場所から分析結果の確認が可能です。

工事進捗管理報告書類の作成機能も備わっており、面倒な作業をこのサービスが担うことで業務効率が上がります。

クオリカで公開された実証実験動画では、飛行ルートがマーカーで設定されており、パイロットが不要です。障害物検知用センサー搭載で、飛行も安全です。

このサービスが本格稼働すれば、高層ビル・ダム・プラントなど、さまざまな現場の環境改善に役立ちます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社EARTHBRAINのプレスリリース
https://www.earthbrain.com/news/20220520-372/

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる