MENU

建設業界も安心して使える電子契約・電子取引クラウドサービス「DocYou (ドックユー)」

国土交通省からの正式回答

日鉄日立システムエンジニアリングは、建設業界へのDX推進に力を入れる中、提供サービス「DocYou (ドックユー)」が建設業法施行規則第十三条の四第二項の基準を満たしているか、国土交通省から得た回答を5月20日に公表しました。

同社の提供する統合型契約書類管理プラットフォーム「DocYou (ドックユー)」は、企業間取引において日常的に取り交わされる書類を一元管理できる立会人型の電子契約・電子取引クラウドサービスです。

契約書・注文書・納品書等、さまざまなパターンの書類を電子化することで、業務効率化に貢献します。

同社がグレーゾーン解消制度を用いて国土交通省から得た回答は「DocYou (ドックユー)」が既定の技術的基準を満たしているという内容でした。

この回答により、導入を検討している企業や取引先は安心して同サービスを活用できます。

コスト削減、時間短縮、ハンコ不要

「DocYou (ドックユー)」を導入することで、導入側とその取引先にさまざまなメリットをもたらします。

書類の電子化により、送料・用紙代・インク代等のコストが削減できます。

建設業界において節約効果が高いのは、印紙代です。「DocYou (ドックユー)」は課税文書にあたらないため、企業と取引先の双方で負担していた印紙代が不要になります。

電子署名になると押印の必要がなく、ハンコを携帯せずに出先からスムーズに書類作成が可能です。

紙の書類で行っていた手順が簡素化されることで、取引時間も短縮され、働く側のストレスも軽減されます。工事プロジェクトでは、実績ベースでの出来高請求も可能です。

書類を電子データとして保管することで紛失リスクが減り、セキュリティ効果が高まります。

保存データは全て暗号化され、リアルタイムで分散保管されるため災害時のデータ消失もガードします。

SDGsの観点から考えても、書類のペーパーレス化は企業のイメージアップにつながります。

導入に際して、0円からお試しできる「トライアル」プラン、基礎的な機能が使える「スタンダード」プラン(20,000円/月)、高度な機能が使える「エンタープライズ」30,000円/月の3パターンから選択可能です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日鉄日立システムエンジニアリングのプレスリリース
https://docyou.nhs.co.jp/events/20220520

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる