MENU

在庫削減とは?メリットや具体的なやり方を解説

在庫削減するために在庫の見直しは欠かせない要素です。
一方で具体的に、どんな方法で在庫削減をすればよいかわからない方もいるでしょう。

本記事は、在庫削減を考えている人や具体的な方法を知りたい方に役立つものです。

①在庫削減が何か
②在庫過剰のデメリット
③在庫削減の方法

を解説していきます。

目次

在庫の見直しに欠かせない「在庫削減」とは

在庫削減=倉庫の中にある在庫を把握し、需要に対して最適化された商品数にするために無駄を削減すること。
商品の無駄を減らす物理的な面にとどまらない。

在庫管理は重要な業務で、適切に管理しなければ商品がどこにあるかわからなくなったり
商品状態を維持できなかったりします。こうした業務効率を改善することも、在庫削減の重要な要素です。

また、在庫から出荷されたあとの商品がどこに行ったか把握することも重要です。
複数の店舗を経営する企業では、個別の在庫状況を把握し、有機的に商品のやり取りをしなければなりません。
商品が在庫になる前後を把握し、物流を最適化させることも在庫削減に重要です。

過剰在庫になるとどうなる?

過剰在庫の状況では、以下のデメリットが発生します。

・品質の悪化
・無駄な工数
・保管場所の悪化

過剰在庫が発生すると上記の問題が発生し、他の業務にも支障をきたしてしまいます。
以下で、具体的な問題を解説するので参考にしてみてください。

【過剰在庫の問題点①】品質の悪化

過剰在庫になってしまうと、商品を劣化したまま放置してしまい、品質悪化につながります。
品質が悪化すると、商品として売ることができないので、製造や仕入れにかかった費用は全て無駄となってしまいます。

また、過剰在庫によって在庫管理しきれなくなると、品質の悪い商品を顧客に提供してしまう可能性もあります。
顧客からクレームがあれば対応しなければなりませんし、会社のイメージも傷つけてしまうでしょう。

過剰在庫による品質の悪化は、顧客からの信頼を失う原因になります。特に成長著しいスタートアップに起こりがちです。
売上を優先するあまり品質を悪くしてしまい、長期的な信用を失えば、損害に繋がります。

【過剰在庫の問題点②】 無駄な工数

過剰在庫を抱えてしまうと、在庫にどの商品がどれくらいあるか把握しにくくなります。
一方で在庫把握は必要な業務であり、過剰在庫であっても具体的にどれくらい過剰なのか把握しなければなりません。

しかし、在庫が膨大であればあるほど把握に時間がかかります。
数が多い分、帳簿上の数字と実際の在庫に差が生まれやすく、棚卸に時間がかかるのです。

また、在庫の実物を整理する時間もかかります。
在庫の過剰部分は無駄な工数となってしまうので、他の業務も進みません。
さらに、在庫の確認が必要な場面でも、必要以上に時間がかかってしまうリスクを常に抱えてしまいます。

【過剰在庫の問題点③】 保管場所の悪化

在庫を保管する倉庫などのスペースには限りがあります。
過剰在庫によって商品が無駄に積みあがれば、スペースを圧迫して保管する環境が悪化します。
食品など、商品の性質によっては保管場所の環境悪化が品質低下を引き起こすかもしれません。

保管場所の悪化は人にも影響を与えます。
在庫確認などの重要業務を環境の悪い場所で行うことになれば、社員の意欲が低下するでしょう。
働きにくい環境で行う業務はミスを誘発し、保管場所の悪化に拍車をかけてしまう悪循環につながります。

過剰在庫は品質や費用の無駄だけでなく、保管場所やひいては職場環境の悪化につながる可能性もあるのです。
湿気や温度など、商品の状態に影響を与える要素は常に管理できていなければなりません。

在庫削減方法

在庫削減をする際は、いきなり在庫数を減らせばよいというわけではなく
最適な在庫を実現するために段階を踏む必要があります。

在庫削減の方法は以下のものがあげられます。

・在庫管理ツールの導入
・在庫の原料化
・過去の売上の参照

以下在庫削減の方法について、詳しく解説します。

【在庫削減方法①】在庫管理ツールの導入

在庫管理ツールは、在庫管理に必要なデータなどを一括管理できます。
店舗などの在庫を正確に把握できるので、過剰在庫を未然に防げるでしょう。
また、ツールには在庫を表示する以外の機能もあり、在庫削減を効率的に進められます。

例えば倉庫のような場所で在庫管理する場合、バーコードなどで商品1つ1つを番号管理し、物流までまとめて管理可能です。同じ商品であっても、バーコードによって識別可能なため、どこにどの商品が輸送されたか、すぐにわかります。

また、クラウド上でツールを使えば、自社サーバーなどの直接負担をなくせます。
デジタルへ仕事を移行するDX化を進めることで、在庫管理票など必要な書類をペーパーレスで管理可能です。
商品などの保管もしやすくなるので、ツールの導入は効果があります。

【在庫削減方法②】 在庫の原料化

在庫削減する方法として、原料化もあげられます。

原料化=加工してから使うものをあえて原料の状態で在庫にしておくこと

例えば建築物に使う木材の場合、家のサイズに合わせてどんな大きさにするかが変わります。
加工の必要があるので、設計通りになるようにしますが、サイズの違うものを個別に管理するのは手間がかかるのです。

在庫削減につなげるには、あえて原料を加工せず、画一の状態で在庫管理しましょう。
そして必要な分だけを加工し、すぐに材料や商品として利用します。
そうすれば、在庫でサイズごとに分けて管理する必要がございません。
画一化された原料を1か所にまとめておけば、在庫整理のコストを大きく下げられます。

用途に合わせて原料を使い分けることも重要ですが、在庫管理では細分化しすぎると、管理が難しくなるのです。
できるだけシンプルな管理体制をしいて、漏れを防ぐようにしてみましょう。

【在庫削減方法③】 過去の売上の参照

在庫削減には、在庫そのものだけでなく、売上などのデータも重要です。
過去の売上から、どれくらい在庫の過不足があるか把握できれば、必要な分だけ商品を入荷できます。

また、季節性のある商品も過去のデータからどの時期に売れるのか客観的に示せるのがデータの強みです。
売上は会社の規模など経理面だけでなく、在庫のモノを扱う役割の人たちにも重要なデータです。

最適化された在庫管理をするには、どの商品がいつどれくらい売れるのかも把握しなければなりません。
在庫削減すれば、必要な商品とそうでない商品がわかります。
企業はより良い生産物を人々に提供するため、いらない商品や売れない商品は自然に淘汰されます。

これは1企業での話ですが、市場全体で同じ動きが続けば、価格も行動の方向に流されるのは同じです。
過去の売上データなどから、在庫の最適化を進めるのが重要と言えます。

まとめ

ここまで在庫削減について、具体的な方法や過剰在庫のメリットを解説しました。
在庫削減について書かれた今回の記事は、経費の無駄や人手の問題を解決するために必要な情報が多くなっております。

在庫削減を進めるには、シンプルな管理体制をしきつつ、ソフトウェアやツールを用いた在庫管理がおすすめです。
在庫管理を早いうちからしっかりしたものにしていれば、企業が成長したときに、その恩恵を的確に受け取れるでしょう。

在庫担当者として、在庫削減したいと思っている方は、ぜひ本記事の内容を確認してみてください。
役立つ情報がきっとあるはずです。

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる