MENU

高所作業車に対応したスマートキー「QRKAZAS」鹿島建設株式会社ら3社が共同開発

鹿島建設株式会社、株式会社レンタルのニッケン、株式会社MIYOSHIは、建設現場での業務負担軽減に貢献するため、アプリからQRコードを介して高所作業車を起動するスマートキー「QRKAZAS(キューアールカザス)」を共同開発。

5月27日付けの鹿島建設株式会社のプレスリリースにて、詳細が発表されました。

規模の大きい建設現場では、複数の高所作業車が同時稼働することが多々あります。作業員は手順に沿って、鍵の貸し出し・返却作業を行わなければなりません。

安全面やセキュリティ上において必要な業務ですが、これが連日のこととなると作業員の負担も増えていきます。

この問題解決に挑むべく3社が開発した「QRKAZAS」を利用すれば、面倒な貸し出し作業が不要になります。

後付け可能なQRコードリーダーも開発

スマートフォン専用アプリ「QRKAZAS」を活用すれば、高所作業車をスムーズに起動できます。

高所作業車の始業前点検をアプリ上で行い、結果が出ればQRコードが発行される仕組みです。

この後、取得したQRコードを高所作業車に設置したQRコードリーダーにかざせば、高所作業車が起動します。

本来人の手によって行われていた業務が「QRKAZAS」を活用することで手軽になります。

3社は「QRKAZAS」の開発と同時に、後付け可能なQRコードリーダーも開発しています。これにより既存の作業車に後からQRコードリーダーが取り付け可能となりました。

実機100台を利用した実証実験では、鍵の管理や業務効率化に貢献できることが確認されています。

今後は鹿島建設株式会社が導入を進める作業員専用スマートフォン「K-Mobile」を通した同サービス拡充に期待がもたれます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

鹿島建設株式会社のプレスリリース
https://www.kajima.co.jp/news/press/202205/27a1-j.htm

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる