MENU

PR TIMESがJootoの導入支援を本格スタート

Jootoの導入支援がスタート

5月30日、プレスリリース配信サービスであるPR TIMESを運営している株式会社PR TIMES(以下、PR TIMES)が、自社のサービスであるJootoの導入支援を5月に本格スタートさせたことを発表しました。

PR TIMESがJootoの導入支援を始めたのは、DXやテレワークの普及に伴い人々の取り扱う情報量が増え、大切な情報を見逃してしまう可能性が出てきたことが背景にあります。

Jooto導入支援の詳細

Jootoを導入するメリットは、適切なタスク・プロジェクト管理が行えるようになることです。

本格的に開始されたJooto導入支援では、導入時のプロジェクトメンバーへの説明や指導など、今まではJootoの導入を検討している企業がそれぞれ行わなければいけなかった内容について、PR TIMESからのサポートを受けることができます。

導入支援は導入時だけの単発で終わりではなく、長期間継続的に、Jootoを利用した業務の管理が習慣になるまでサポートを受けることが可能です。

サービスの料金は、20万円(税別)からとなっており、プロジェクト数などで価格が変わります。Jootoの導入を検討している企業や、DX化により情報の共有・タスク管理に問題を抱えているという企業におすすめです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社PR TIMESのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001188.000000112.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる