MENU

キヤノン初のハイブリッドクラウド映像監視サービスが発売

7月1日、キヤノンMJがハイブリッドクラウド映像監視サービスを発売

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下、キヤノンMJ)が6月20日、キヤノン初となるハイブリッド型のクラウド映像プラットフォーム「VisualStage Pro powered by Arcules」を発売すると発表しました。

キヤノンMJによると、同サービスを活用することで社内のあらゆる映像を一元管理できるようになり、企業内のDXを推進することができるとのことです。7月1日に販売開始となります。

VisualStage Pro powered by Arculesの詳細

同サービスは、6,000機種以上のネットワークカメラやIoTデバイスに対応しているハイブリッド型クラウド映像プラットフォームです。

データの保存場所が違う、Pure CloudモードとEdge Cloudモードの2種類のモードが発売されます。Pure Cloudモードでは、クラウドにデータが保存され、Edge Cloudモードでは、専用ゲートウェイにデータが保存されます。

どちらも共に月額制です。月額費用は、Pure Cloudモードが月額1,200円(税別)から、Edge Cloudモードが月額1,100円(税別)となっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

キヤノンマーケティングジャパン株式会社のプレスリリース
https://canon.jp/

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる