MENU

ウエアラブルカメラ活用のリモート工事監理業務

ウエアラブルカメラを活用した遠隔による工事監理業務を実施

大和ライフネクスト株式会社(以下、大和ライフネクスト)は、管理を受託しているマンションの大規模修繕工事において、ウエアラブルカメラを活用した遠隔による工事監理業務を実施しました。

これはセントラル警備保障株式会社とセーフィー株式会社と共同で行ったもので、遠隔地でも工事品質を担保できる新たなサービスとなります。

マンションの大規模修繕工事においてリモート工事監理

マンション、ビルなどの建物管理を行っている大和ハウスグループの大和ライフネクストでは、マンション修繕の専門部署において大規模修繕工事の工事監理業務を提供しています。

工事監理業務では、専門性の高い技術を持つ工事監理担当者が週に1回程度現場へ訪問し、施工会社と進捗確認や検査業務の実施をしています。

人材不足が慢性化している建築業界の課題を解決するため、経験のある工事監理担当者がウエアラブルカメラを活用してリモート監理を実施するサービスを構築。

今回実施した工事監理業務の一部遠隔化により、遠隔地でも大規模修繕工事の品質を担保しながら、工事監理担当者の移動経費削減が実現しています。

今後は大規模修繕工事の工事監理業務のみならず、点検・メンテナンス会社との連携や管理員や清掃員も含めた日常管理、さらには清掃ロボット・警備ロボットへの応用など、ウエラブルカメラ活用の範囲を拡大について検討を続けるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

大和ライフネクスト株式会社のプレスリリース
https://www.daiwahouse.com/about/release/group/20220628131129.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる