MENU

MetaMoJiが大林組、安衛研と共同開発した安全AIソリューションを発表

建設現場向け安全AIソリューション

株式会社MetaMoJi(以下、MetaMoJi)は、株式会社大林組(以下、大林組)および独立行政法人労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所(以下、安衛研)と共同開発した、建設現場向け「安全AIソリューション」を発表しました。

2023年に予定している正式なサービス提供開始に向け、2022年7月5日から先行試用企業の募集を開始しています。

リスクの見える化と安全管理の高度化を実現

MetaMoJiが大林組、安衛研と共同開発した「安全AIソリューション」は、利用データ作成、リスク予測データベース構築、危険予知と安全対策の実施の3フェーズで構成されています。

最初の利用データ作成では、労働災害情報を安衛研の梅崎重夫所長が提唱する、業種(I)・起因物(M)・事故の型(T)・作業その他の条件(O)および直接原因(C)の5つの要素からなるIMTOC表現でデータベース化。

続くリスク予測データベース構築では、自然言語処理AIによってデータベース化した労働災害情報からリスク予測データベースを自動構築。

最後の危険予知と安全対策の実施は、分析によって自動判定されたリスクをMetaMoJiの業務アプリと連携することで効率的に行います。

これにより個人の経験や勘に頼らず、組織的にリスクの見える化と安全管理の高度化を実現できるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社MetaMoJiのプレスリリース
https://metamoji.com/jp/news/20220705/

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる