MENU

世界初!パスタ自動調理ロボット「P-Robo」が稼働を開始

世界初のパスタ自動調理ロボット「P-Robo」

TechMagic株式会社(以下 TechMagic)開発の世界初となるパスタ自動調理ロボット「P-Robo」が実店舗での稼働を開始しました。

稼働を開始したのは株式会社プロントコーポレーションが東京・丸ビルに2022年6月30日にグランドオープンした「エビノスパゲッティ 丸ビル店」で、熟練の調理技術を再現しつつ1食あたり最速45秒での調理を実現しています。

洗浄まで自動で行う特許取得済みのシステム

パスタ自動調理ロボット「P-Robo」は、注文に応じて麺の茹で、具材・ソースの供給、調理を、独自開発した形状の鍋(フライパン)と高出力のIHによって熟練の技術を再現しつつ行います。

調理が終われば鍋が盛り付け場所まで移動し、皿への盛り付けとトッピング作業は人間の手で行うシステムです。

1時間当たり最大90食(1食あたり最速45秒)の調理ができ、レシピの更新も調整可能。

さらに鍋の洗浄までロボットが自動で行うシステムとなっており、TechMagicが特許取得済みです(特許第7007764号)。

「P-Robo」の導入により従来の店舗と比較して1~2人の省人化を見込んでおり、飲食業界の人手不足解消が期待されます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

TechMagic株式会社のプレスリリース
https://techmagic.co.jp/newsrelease220630/

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる