MENU

建設業向け・電子商取引クラウドサービス「建設PAD invoice」の一般提供開始

業務をクラウドで一元管理

株式会社KPtechnologiesは、自社が提供する建設業向けクラウド型受発注サービス「建設PAD invoice」の一般提供を2022年8月1日に開始しました。

「建設PAD invoice」は、支払通知書の送信や請求書の発行など、紙面を通してやりとりしていた業務を簡素化できるサービスです。

ひとつの取引で使用される書類の数は膨大で、それをまとめて管理することは大変です。

同サービスを活用すれば契約書や注文書が簡単に作成できるほか、書類の電子化によって保管スペースの確保も不要になります。

書類の紛失リスクも低減され、2023年10月から施行予定のインボイス制度にも対応済みのため、安心して導入可能です。

インターネットがあればどこからでも作成可能

「建設PAD invoice」は、インターネット環境があれば場所を選ばずどこからでも書類作成が可能です。

見積依頼・見積書受領・受発注と、業務フローに沿って作業を進めていけるため、迷うことはありません。

請求書・支払通知書などはテンプレート化されており、そこへ金額などを入力するだけで簡単に作成できます。

受け取った請求書はCSV連携だけでなく、各原価管理・会計システムとのAPI連動も可能です。

電子帳簿保存法が改正され、今後ますます各業界で電子化が進んでいくと予想される中、未だ建設業界では紙を主体としたやりとりが主流です。

建設業界のDX化を促進する上で、請求処理業務の電子化は重要な課題となっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社KPtechnologiesのプレスリリース
https://www.kp-tech.co.jp/

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる