MENU

VR空間でクレーンの操縦ができる「移動式大型クレーン操縦訓練VR」販売開始

2022年8月1日(月)より販売開始

株式会社双子ゲームスと金石重機株式会社が共同開発した「移動式大型クレーン操縦訓練VR」の販売が2022年8月1日(月)より開始されました。

「移動式大型クレーン操縦訓練VR」は、建設現場で利用することの多い移動式クレーンの操縦をVR空間で体験できるサービスです。

市販のスタンドアローンVRゴーグルがあれば、専用機材やパソコンを別途用意する必要がなく、どこからでも利用可能です。

VR空間のため場所の制限なし

建設現場においてクレーンを操縦する機会は多いものの、実際の訓練として活用できる場所は限られていました。

自社の敷地内であってもクレーンを走行させるスペースの確保が難しく、練習の際に障害物にぶつかって機体や建物を傷つけてしまうリスクが伴いました。

このたび2社が共同開発した「移動式大型クレーン操縦訓練VR」は、人材育成の過程で発生するこのような悩みを解決するサービスです。

臨場感のあるクレーン操作で技術レベルの向上

実際の操縦はVRゴーグルとそれに付属するコントローラで行います。VRゴーグルを装着した後、画面に出ている4つのレバーを操作します。レバーはスティックタイプとレバー把持タイプの2パターンが用意されています。

練習も、フリー操作モード・練習モード・試験モードなど、状況に合わせた3つのパターンから選択可能です。

各モードによって体験できる内容が異なっており、試験モードでは障害物の回避や吊り荷の制動など、より実践に近い経験を積むことができます。

VR空間のため、建物を損傷する心配もなく、作業に失敗して運転者が怪我をすることもありません。運転席に座った視点からクレーン操作ができるほか、動作音も聞こえるため臨場感が増します。

時と場所の制限がないため、スキマ時間を活用して技術レベルを向上させることができます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社双子ゲームスプレスリリース
https://futagogames.co.jp/20220801-2/

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる