MENU

住友重機械工業が鉄鋼曲面を吸着走行する新型ロボット機構を開発

曲面に対応した鉄鋼構造物用高所作業ロボット

2022年8月8日、住友重機械工業株式会社(以下、住友重機械工業)は、鉄鋼曲面を吸着走行する新型ロボット機構の開発に成功したと発表しました。

これまで主に平面上の走行に限定されていた吸着走行型の高所作業ロボットが鉄鋼曲面でも吸着走行できることにより、人手に頼らざるを得なかった曲面上での作業への活用が期待されるとしています。

磁石内蔵の球状車輪で鉄鋼曲面を吸着走行

磁力によって鉄鋼構造物の表面や壁面に吸着して移動する車輪型ロボットは、これまでも船舶やプラント設備等の大型鉄鋼構造物の製造・保守の現場で活用されています。

しかし既存のロボットを曲面に適応させる場合は、対応可能な面形状や動作や搭載可能な作業ツールの種類に限界がありました。

この課題を克服するため、住友重機械工業の技術研究所では2つの回転軸によって回動可能な磁石を内蔵した中空の球状車輪を考案。

これにより従来の吸着走行ロボットでは難しい鉄鋼曲面の吸着走行が容易にできるロボット機構の開発に成功しました。

住友重機械工業は、より安全でスマートな次世代の重工製造現場の実現を目標に、従来人手に頼らざるを得なかった曲面上での点検、切断、アーク溶接など様々な作業への活用を進めているとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

住友重機械工業株式会社のプレスリリース
https://www.shi.co.jp/info/2022/6kgpsq000000lox9.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる