MENU

iPad Proで手軽に3次元測量ができる点群計測アプリ「快測Scan」リリース

LiDAR搭載のiPad Proで点群計測

2022年8月17日、株式会社建設システム(以下、KENTEM)は、LiDARを搭載したiPad Proで3次元測量ができる画期的な点群計測モバイルアプリ「快測Scan」を2022年秋にリリースすると発表しました。

測量対象物にiPad ProのLiDARをかざしてスキャンすることにより、3次元データが取得できる多点計測技術対応のモバイルアプリです。

国土交通省直轄工事におけるICT施工に適用

KENTEMが今秋リリースする「快測Scan」は、LiDAR(Light Detection And Ranging、光による検知と測距)センサー搭載のモバイル端末を使い、いつでも・誰でも・手軽に、点群データを取得できるモバイルアプリです。

動作保証端末はアップル社製iPad Proのみとなっており、LiDARを搭載した2020年発売の12.9インチiPad Pro 第4世代以降および11インチiPad Pro 第2世代以降のモデルが対応します。

国土交通省は2022年度より直轄工事におけるICT施工の基準類を改定し、小規模工事への適用が拡大されており、市販のモバイル端末を使って面計測を行った場合にも、工事成績で1点の加点がされます。

同時に、測量時間およびデータ変換等の処理時間の短縮によって生産性の向上も期待できるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社建設システムのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000046790.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる