MENU

ファミリーマートがTelexistence社製のAIロボット「TX SCARA」を導入

飲料棚の補充業務へ順次導入、主要都市圏300店舗へ

2022年8月10日、株式会社ファミリーマート(以下、ファミリーマート)は、Telexistence株式会社(以下、TX)が独自開発したAIロボット「TX SCARA」を飲料棚の補充業務へ導入すると発表しました。

2022年8月下旬から、店舗作業分析システム「TX Work Analytics」と併せて順次導入を開始し、主要都市圏にて展開する300店舗に拡大するとしています。

1000本以上の飲料補充をAIロボットが担当

TXの調査によると、販売量が多いコンビニエンスストアでは1日に1000本以上の飲料補充を必要としており、店舗従業員の大きな作業負荷になっていました。

ファミリーマートでは、TXが開発したAIロボット「TX SCARA」の導入により、これまで人間が行っていた飲料補充業務を代行させて店舗従業員の作業負荷を削減。

さらに店舗作業分析システム「TX Work Analytics」も併せて導入することにより、業務中の店舗従業員の動きを可視化・分析し、店舗業務の一部をAIロボットが担当することを前提としたワークスケジュールと人員配置の最適化を進める計画です。

ファミリーマートは、TXのAIロボット・AI技術を活用し、作業削減によって新たに創出された時間を接客や売場業務に再配分して質の高い店舗運営につなげると同時に、店舗の採算性改善が可能になるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社ファミリーマートのプレスリリース
https://www.family.co.jp/

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる