MENU

安川電機が製造業向けAI×SaaS生産スケジューラ「最適ワークス」を導入

生産計画業務の改善による設備稼働率を向上

2022年8月24日、株式会社スカイディスク(以下、スカイディスク)は、製造業向けAI×SaaS生産スケジューラ「最適ワークス」を株式会社安川電機(以下、安川電機)に導入したと発表しました。

「最適ワークス」は、設備稼働率向上のために生産計画業務の改善を行い、これにより安定的に生産計画を作成できる体制を構築し、長期的な設備稼働率向上を実現します。

生産計画業務の属人化リスクを解消

ロボットを始めとする産業用機械を製造する安川電機では、生産計画を立案する際には特有の工程や製造条件を考慮しつつ、諸条件を満たす必要があるため、計画立案業務の負荷が高くなっていました。

計画の遅延や変更があった場合は生産計画の再立案がさらに大きな業務負担となるため、安川電機はスカイディスク提案の「最適ワークス」を2022年2月より導入。

「最適ワークス」に特有の製造条件をデータとして設定しておけば、計画担当者に替わり条件を考慮した生産計画を立案してくれます。

またシンプルな操作性によって設定の変更や計画の再立案が可能で、複雑化した生産計画立案・修正に関わる業務負荷を軽減しながら生産性を最大化し、属人化の解消により生産計画の安定的な立案体制を構築することで、長期的な設備稼働率の向上を可能にします。

また、安川電機への導入にあたっては、従来は構想から導入まで1~2年程度かかるのが一般的であったシステム導入において、設定変更部分にAI技術を活用して高速でPDCAを回すことにより、数ヶ月というスピード導入を実現しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社スカイディスクのプレスリリース
https://skydisc.jp/information/3520/

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる