MENU

物流施設のカゴ車を自動化する自律移動ロボット「ORV」発売

工程間搬送や整列配置の自動化を実現

2022年9月8日、株式会社オカムラは、物流施設内のカゴ車用自律移動ロボット「ORV(オーアールブイ):Okamura Robot Vehicle」を、2022年9月より発売すると発表しました。

小回りの利いた走行やバック走行が可能な「ORV」により、物流施設におけるカゴ車の工程間搬送や整列配置の自動化が実現します。

SLAM技術を活用し最も効率的なルートで搬送

AIを搭載した自律移動ロボット「ORV」は、センサーで周囲の環境を把握し、自己位置の推定と周辺地図の作成を同時に行うSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)技術を活用し、目的地まで最も効率的なルートで搬送します。

従来の線路誘導式無人搬送車のような床面工事や経路テープ等の設置が不要で、障害物を避けながらの搬送が可能であるため、走行ルート設定の自由度が高くなります。

「ORV」はカゴ車を自動認識して取りに行き搬送します。けん引式ではなく、カゴ車の片側をつかみ上げる片持ち方式により、カゴ車と一体となってその場で旋回するなど小回りが利き、バック走行によって狭い空間でも隙間のない整列配置が可能です。

バッテリーが少なくなると給電装置に自動で走行して充電する自動充電機能や、クラウド上にログデータをアップロードし、現場で不具合が起きた際に離れた場所から調査が可能なIoT遠隔監視システムを備えています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社オカムラのプレスリリース
https://www.okamura.co.jp/

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる