MENU

レンタル建機の管理を全てデジタル化する「Arch」正式リリース

建設会社と建機レンタル会社をつないで管理をデジタル化

2022年9月14日、株式会社Arch(以下、Arch)は、建設会社と建機レンタル会社をつなぎ、建設現場における建機のレンタル品管理を全てデジタル化するサービス「Arch(アーチ)」を正式リリースしたと発表しました。

「Arch」の導入により、建設会社と建機レンタル会社の双方が、コストダウン・工数削減・生産性向上効果などのメリットを得られるとしています。

着工前から竣工後までトータルサポート

建設現場において、建機レンタル品の管理業務は今でもアナログな方法で行われている現場も多く、効率化が求められています。

「Arch」は建機レンタル品の管理業務を全てデジタル化し、3つのサービスで着工前から竣工後までトータルサポートします。

その3つのサービスとは、発注先選定業務を行う「一括見積」サービス、口頭注文に起因するトラブルをなくせる「オンライン自動発注」サービス、現場内の管理で紙の帳票がいらない「在庫管理」サービスです。

建設会社は平均34%のレンタルコスト削減効果を得られるとともに、見積もり収集と比較・選定にかかる期間を76.6%削減可能で、レンタル会社も新規獲得のための営業時間を2.5時間削減できるメリットがあります。

これは安藤ハザマが主催した「安藤ハザマ アクセラレーター2021」に採択され、建設現場での実証実験を重ねた結果、得られたデータによるものです。

また、Archはインキュベイトファンドを引受先とする5,000万円の第三者割当増資を実施したことを同時に発表し、サービス開発及びセールス強化を行っていくとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社Archのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000097626.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる