MENU

OKIがリモートDXプラットフォーム技術「REMOWAY」を開発

複数メーカーのロボットを遠隔運用

2022年9月27日、沖電気工業株式会社(以下、OKI)は、メーカーが異なる複数のロボットの遠隔運用を実現する、リモートDXプラットフォーム技術「REMOWAY(リモウェイ)」を開発したと発表しました。

この技術により、現場の業務プロセスを見える化し、業務の特性に合わせた監視と制御をリアルタイムに行えるとしています。

共創パートナーと実証実験を進め早期の市場参入を目指す

人手不足の深刻化から、現場では様々なロボットやセンサー・IoT端末・インフラ装置などのエッジデバイスの導入が進んでいます。

それらエッジデバイスと人が混在する環境において、柔軟に連携制御ができるプラットフォームとして開発された技術が「REMOWAY」です。

「REMOWAY」はエッジデバイスが接続しやすいHTTPおよびMQTTのインターフェースを備え、現場のエッジデバイスと柔軟に連携し、取得されたデータをリアルタイムでモニタリングすることが可能です。

また異なるメーカーのロボットでも、OKIのエッジモジュール「ROMBOX」を組み込むことで一括管理を実現しています。

現在は様々なエッジデバイスと連携した実証実験を共創パートナーと推進中で、今後は商業施設・介護施設・工事現場・公共施設などの人手不足が深刻になっている現場における効果の検証と改善を進め、早期の市場参入を目指すとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

沖電気工業株式会社のプレスリリース
https://www.oki.com/jp/press/2022/09/z22041.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる