MENU

Skydioの自律飛行ドローンが鹿島の建設現場に導入され生産性向上に貢献

AIによる自律飛行ドローンで建設現場の安全パトロール

2022年9月29日、Skydio合同会社(以下、Skydio)は、同社の自律飛行ドローンが鹿島建設株式会社(以下、鹿島)の現場に導入されたことを発表しました。

建設現場の安全パトロールをオフィスなどの遠隔地からリモートで実施し、現場の遠隔管理および省時間化を実現しています。

リアルタイム現場管理システム「3D K-Field」も併用

障害物が多く日々状況が変化する建設現場で運用可能なドローンソリューションを求めていた鹿島は、360度全方位障害物回避システムを搭載しているSkydioのドローンを導入しました。

導入されたドローンは軽量かつコンパクトな設計の「Skydio 2+」と、赤外線カメラを搭載で夜間飛行が可能で過酷な環境下でも利用可能な耐久性を備えた「Skydio X2」で、どちらもAIによる自律飛行が可能で障害物回避機能を搭載しています。

非GPS環境下および磁界環境下でもVisual SLAMによる安定飛行が可能であり、橋梁などインフラ点検業務に適した設計です。

現場での安全パトロールでは、危険が伴う作業現場におけるリアルタイムの安全確認や指示を行うことにより、効果的な事故予防を実現しています。

また鹿島が開発したリアルタイム現場管理システム「3D K-Field」を併用することにより、災害発生率が高い新規の作業員の作業場所をリアルタイムに把握し、更に効率的に安全パトロールを実施しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Skydio合同会社のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000103582.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる