MENU

シーエスコミュニケーションが市販のカメラにAI実装できる新サービス「エッジネットワーク」の提供を開始

低コストで導入でき、データの処理速度が高速

2022年10月6日、株式会社シーエスコミュニケーションは、市販のカメラにAI実装できる新サービス「エッジネットワーク」の提供開始を発表しました。

「エッジネットワーク」は、携帯回線とネットワークがあればどこでも市販のカメラにAIを実装し動画や画像のAI分析ができるサービスです。

これまでのAI分析サービスでは、AIカメラの導入が必須となっており、AIカメラが高額なことやデータをクラウドに送る際に時間がかかり過ぎることなどの課題がありました。

しかし「エッジネットワーク」では、例としてカメラ10台で人数解析・動線解析を行った場合、年間十数万円から導入・運用ができるなど低コストとなっており、またデータ処理も高速で行うことができます。

従来のAI分析で抱えていた課題を「エッジコンピューティング」で解決

「エッジネットワーク」には、「エッジコンピューティング」というネットワーク上でデータの処理を行い加工済みのデータをクラウドに送信する技術が搭載されています。この「エッジコンピューティング」技術によってAI分析サービスが抱えていた問題解決を実現しています。

サービスの提供会社である株式会社シーエスコミュニケーションは、今後の展望としてこれまでネットワーク構築を手掛けてきた知見を活かし、さまざまな産業でDX化が進んだ社会の実現に向けてサービスの可能性を広げて展開していきたい考えです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社シーエスコミュニケーションのプレスリリース
https://www.cs-com.co.jp/news/news_20221006.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる