MENU

MODE、トンネル工事現場向け「トンネル排水ポンプ稼働監視パッケージ」提供開始

トンネル排水ポンプの稼働状況をIoTセンサで監視

2022年10月21日、MODE, Inc.(以下、MODE)は、「トンネル排水ポンプ稼働監視パッケージ」の提供を開始すると発表しました。

IoTセンサとゲートウェイを設置するだけで、トンネル工事において常時稼働が必要なトンネル排水ポンプの稼働状況を遠隔で監視することが可能になります。

ポンプ稼働状況をブラウザからリアルタイムで確認可能に

トンネル工事においては、排出される工事用水や湧水を外に排水するポンプを常時稼働させておく必要があり、これが停止すると工事の進捗に影響を及ぼすため、現場管理者は休日も含めて稼働状況の巡視が求められました。

MODEが提供する「トンネル排水ポンプ稼働監視パッケージ」は、電源や配線が不要で無給電で動作するC3-less電力センサによりポンプの稼働を監視するため容易に施工ができます。

その稼働状況は、同時に設置するIoTゲートウェイを通してクラウドのプラットフォームに自動収集され、遠隔からブラウザによりリアルタイムで確認および異常検知時のアラート発報が可能となり、現場監督者の労働生産性向上が実現されます。

この技術は、西松建設株式会社が代表となって国土交通省「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」の令和3年度公募に採択され、大野油坂道路荒島第2トンネル下山地区工事での試行の結果、総合評価でAを受けています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

MODE, Inc.のプレスリリース
https://news.tinkermode.jp/

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる