MENU

コトバデザイン、現場DXを支援するクラウド型グループ通話サービス「COTOBA Talk」提供開始

音声・映像・写真・音声書き起こしテキスト・位置情報を保存可能

2022年11月2日、株式会社コトバデザイン(以下、コトバデザイン)はクラウド型のグループ通話サービス「COTOBA Talk」の商用サービスを提供開始したと発表しました。「COTOBA Talk」は、PC・スマートフォンなどの端末で映像付きのグループ通話が行えるサービスです。

音声・映像・写真・音声を書き起こしたテキスト・各作業者の位置情報をそれぞれサーバーに保存しておくことができ、この記録を利用することで業務負担の軽減や人員配置の最適化などを実現可能だとしています。

超低遅延通話・高精細映像通信が可能

「COTOBA Talk」の特徴は、即日利用開始可能、電話のような呼び出し機能、リアルタイムな位置情報の共有、超低遅延通話・高精細映像通信などです。クラウド型サービスで、IOSデバイスまたはPCのWEBブラウザから利用することができます。

コトバデザインは、「COTOBA Talk」の今後の展開として音声操作によるハンズフリー化の実現やAndroid環境下での動作、サーバーの堅牢化を始めとしたクラウド機能の強化、遠隔ロボット制御などの外部システムとの連携といったシステムの開発を進めるとしています。

商用サービスの提供開始に合わせて、プロフェッショナルプランが最長3カ月無料になるキャンペーンが実施されており、参加には11月末までの申し込みが必要です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社コトバデザインのプレスリリース
https://cotobadesign.com/news/cotoba_talk/

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる