MENU

DX時代の到来!設備管理全国大会(記念大会)が開催

未来の設備管理・モノづくりの事例を体験

公益社団法人日本プラントメンテナンス協会(以下、日本プラントメンテナンス協会)が主催する「第60回設備管理全国大会(記念大会)」が2021年12月2日(木)と3日(金)の2日間に渡り開催されます。

会場は浜松町コンベンションホール&Hybridスタジオで、参加費は有料となります。来場は定員制、またはZOOMによるライブ配信で聴講可となっています。

設備管理及び保全のDX化は各社が進めていますが、設備の経年劣化で適応させにくいという壁があります。またデータ収集をしても解析が難しく、データを生かせないという課題も残っています。

それらの課題を解決するために、日本が誇る技術やノウハウにDXを融合させる必要があります。これからの時代の主役は、「設備管理ができるモノづくり人財」になることは間違いありません。

第60回設備管理全国大会で「未来の設備管理の在り方」を体験できるでしょう。

講演企業

1日目の講演企業は、設備管理全国大会企画委員会、日本プラントメンテナンス協会、株式会社高田工業所、日本製鉄連結子会社タイ、ジヤトコ株式会社、株式会社デンソー。

2日目は三井化学株式会社、富士フイルムエンジニアリング株式会社、JFEテクノリサーチ株式会社、次世代TPM(R)、トヨタ自動車株式会社の順で行う予定です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

第60回 設備管理全国大会(記念大会)詳細
https://www.jipm.or.jp/offer/up_img/1634085667-255118.pdf

公益社団法人日本プラントメンテナンス協会のプレスリリース(PRTIMES)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000089814.html

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる