MENU

多関節ロボットによる工場の自動化進む、市場は今後も成長する見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、「多関節ロボットの世界市場(2021-2026年):産業動向・市場シェア・市場規模・成長予測・市場機会」(IMARC Services Private Limited) という調査レポートを11月9日より販売し、多関節ロボットの将来性について述べました。

多関節ロボットとは

多関節ロボットとは、複数の回転関節を持つロボットを、プログラミングによって指示したとおりの動きを実現できるものです。これにより様々な動きをすることが可能となり、溶接、組立、切断など多くの産業プロセスにて使用されています。

多関節ロボットの活用

多関節ロボットは、プログラムされた動作を何度も正確に繰り返すことができます。人間が行っていた繰り返しの作業をロボットに任せることで、ヒューマンエラーを無くすことができ、製造ラインの作業効率化を図ることが可能です。

更に、重たい製品を扱う際や、危険な環境(有害物質が発生する場所等)での作業といった、人間には危険な作業を代替することができる点もロボットの魅力です。

このように、多関節ロボットを始めとした工場の自動化を適用することで、製造ラインの大幅な作業効率を大幅に改善できます。この自動化という新たなトレンドが市場の成長を後押ししており、今後も新たな自動化技術が、更なる市場の成長をもたらすことが期待できるでしょう。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001582.000071640.html

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる