MENU

屋内自動飛行システムによる点検業務の効率化

株式会社センシンロボティクスと株式会社ASCLは「SENSYN CORE」と国産ドローンMiniを活用した屋内自律飛行システムを開発しました。

SENSYN COREとは

SENSYN COREが3Dモデルを基にマップを作成し、指定したルートをドローンに飛行するよう指示をすることで、ドローンは自動飛行することが可能になります。これにより、工場・建設現場の設備点検や巡視業務を自動化することが可能になり、作業を効率化できます。

SENSYN COREの強み

通常のドローンではGPS等の衛星測位システムを使って位置情報を取得して自律飛行を行います。しかし屋内や地下室といった場所では衛星電波の受信が難しいケースもあり、位置情報が取得できないことや誤差が生じることがあります。

一方SENSYN COREを使った屋内自動飛行システムではGPSに頼らず3Dモデルからドローンの位置情報や飛行ルートを特定するため、正確な位置情報を得ることができます。これにより工場内の装置点検や物流倉庫棚卸し等の多くの用途にてドローンによる業務の自動化が実現可能になります。

このようにSENSYN COREを使えば、3Dモデルを作成するだけでどこでもドローンを自動飛行させることが可能になります。これにより工場等における現場の確認作業効率化が期待できるでしょう。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社センシンロボティクスのプレスリリース
https://www.sensyn-robotics.com/news/acsl-indoor

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる