MENU

キヤノンITソリューションズ、第1回建設DX展に「MREAL」を出展

Mixed Reality=複合現実システムMREAL(エムリアル)

2021年12月6日(月)から8日(水)までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「第1回建設DX展」。キヤノンITソリューションズ株式会社(以下キヤノンITS)は、2021年2月より販売中のMRシステム『MREAL S1』を出展します。

同製品は、多様なビジネスの現場で利用できるよう、ポータビリティを大幅に向上。また、モバイルワークステーションへの対応により、システム全体を小型化・軽量化しています。

建設予定地における建物完成後の姿を共有したり、お客様先で商品をプレゼンテーションしたりする際などの活用が期待されています。

自由な視点から見る映像技術

「第1回建設DX展」ではハードウェアやソフトウェアの技術紹介、「MREAL S1」を用いた検証デモが行われます。

<開催概要>

・開催日時: 2021年12月6日(月)~8日(水)10:00~18:00 ※最終日のみ17:00まで
・会  場: 東京ビッグサイト(東京都江東区有明3丁目11−1 ブースNo.5-55)
・統括主催: RX Japan株式会社
・入場方法: 事前登録制:https://www.construction-dx.jp/ja-jp/visit/visiting.html
・入 場 料: 招待券をお持ちの場合は無料です。
※招待券をお持ちでない場合は入場料5,000円/人が必要です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

キャノンITソリューションズ株式会社のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000652.000001375.html

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる