MENU

九地良が業務分析アプリ『くじらテレワーク』の販売を開始

株式会社九地良が11月29日、作業員の業務内容を簡潔に報告・管理し、報告データをクラウド上で管理出来るツール『くじらテレワーク』の発売を開始した事を発表しました。

『くじらテレワーク』とは?

業務用パソコンにアプリをインストールする事で、管理者が簡単にスタッフの勤務状況を把握する事が出来るようになります。電話対応履歴や、会社への出勤・退社の時間がリアルタイムで反映されるので、現状把握が可能になり、作業員のサポートもしやすくなるでしょう。

登録の操作方法も簡単なクリック操作で行う事が出来るので、作業員の負担になりにくいのも特徴です。

管理を見直すきっかけに

コロナの影響でリモートワークが急速に加速し、会社に出勤せず自宅で働く事が当たり前になってきています。その為、会社で把握していないサービス残業があり、気がつきにくいのが現状です。

『くじらテレワーク』を利用すると、パソコンの稼働時間が可視化出来るので管理しやすく、作業員も簡単なクリック操作で登録を完了する事が出来ます。

業務報告の漏れもなくなり、業務の無駄も発見しやすく、生産性を格段に上げる事が期待出来ます。管理者側も安心して業務を任せる事が出来て、作業員の評価も見直す事が可能になります。

『くじらテレワーク』を導入する事で、作業員の管理出来ていなかった部分のサポートや正当な評価が可能になります。作業員のモチベーションも上がり、作業効率の向上が期待出来ますね。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「くじらテレワーク」製品サイト
https://kujira-telework.com

株式会社九地良のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる