MENU

キヤノンMJとNIコンサルティングが戦略的業務提携を締結

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下、キヤノンMJ)と株式会社NIコンサルティング(以下、NIコンサルティング)は12月2日、戦略的業務提携を締結しました。

中小企業のDX加速化へ向け、電子帳簿保存法改正への対応を支援する狙いがあります。

電子帳簿保存法改正への対応を支援

電子帳簿保存法改正への対応を支援する取り組みとして、NIコンサルティングの中小企業向けグループウェア『NI Collabo 360』の電帳法ストレージオプションに対して、キヤノン製のMFP(複合機)から送った文書を、直接保存することが可能な「ファクス受信連携強化」を2022年1月から提供することが挙げられます。

続けて、直接スキャナ保存できるMEAPアプリケーション『MEAP クラウドスキャンfor NI Collabo』を同年4月から提供を開始する予定で、価格はオープン価格になります。

全国の中小企業へ向けてDX化をサポート

キヤノンMJは、NIコンサルティングとの今回の業務提携により、中小企業では今まで難しかった電子帳簿保存法改正への対応を、電子取引データの保存とスキャナ保存の両面から支援する廉価なサービスの提供によりサポートします。

キヤノンMJは、中小企業向けにビジネスを展開しているグループ企業のキヤノンシステムアンドサポート、ビジネスパートナーと連携し、今後もクラウド型サービスを展開して中小企業向けのIT支援サービスのラインアップを充実させていく予定です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

キャノンマーケティングジャパン株式会社のプレスリリース
https://canon.jp/

よかったらシェアしてね!

業界シェアNo.1の現場帳票システム「i-Reporter」で現場DX、進めませんか?

目次
閉じる